【6/9 京都開催】本物のインド舞踊に触れてみませんか

本物は、インドに行かないと観られない。 インドの芸能について、常々思っていることです。 踊り手や奏者を連れてきて、さあどうぞ! とやったところで、日本の環境の枠組みを出ることが、どうしてもできないから。 インドで鑑賞するときの、空気や、雑音や、匂いや、ちょっとざわついた雰囲気、シーンと静まり返ったあ...

【6月開催】女性のためのインド旅講座

ニーズがあるのか半信半疑ながら開催した3月の「女性のためのインド旅講座」は、おかげさまで満席の大盛況となりました。 その後、実際にインドを旅した参加者の方に「聞いておいてよかった!」という感想もいただき、ありがたい限りです。 女性のインド旅は、男性目線で見えるインドとはまったく異なります。そしてニュ...

緊急企画「行っちゃえ! #はじめての王国ツアー」説明会5/12(土)21時より生配信

行きたいな。じゃあ、行っちゃう? インド経由で行くはじめての王国ツアー。 緊急企画、やるよーっ! 有志で行く「#はじめての王国ツアー」 年末に王国を訪問してきたMasala Press代表アンジャリ、日本の民の皆さんを全員連れてまた行きたい! 照りつける太陽のもと、そんなことを思い、記事にも書きまし...

彼の怒りはインドの怒り”Naa Peru Surya, Naa Illu India”を観てきました

在住インド人団体による自主上映会に久しぶりに行ってきました。 「ハズレかもしれないけど、主演俳優が好きだから一応観よう」という不届きな動機でしたが、なんかすごくよかった! けっこう最初のほうで涙腺崩壊してしまい、泣いたり笑ったりしながら最後は号泣。 冷静な批評としてはいろいろあるとは思うのですが、ア...

無事終了! 「女性のためのインド旅講座」

みなさま、こんにちは。Masala Press代表のアンジャリです。 あっという間に1週間が経ってしまいましたが、先週3月4日(日)に、無事「女性のためのインド旅講座」を開催することができました。 本当にニーズがあるのかはなはだ疑わしいところから始まり、しかし蓋を開けてみれば満員御礼の大盛況で、嬉し...

Netflixオリジナルインド映画『平方メートルの恋』がおもしろかった!

なんとも不思議な現象が起きました。 れっきとしたインド映画『平方メートルの恋』(Love per Square Foot)(リンク先に日本語字幕つき予告編あり)が、本国インドの劇場公開よりも先に日本のNetflixで公開されたのです。 日本のNetflixでの公開日はバレンタイン・デーの2月14日。...

女性のためのインド旅講座

—-本講座は満席のため受付を締め切りました。ありがとうございます!—- いまだこの講座にニーズがあるのか半信半疑ながら、ツイッターで呼びかけた際の熱いリクエストの多さに、私アンジャリ、奮起いたしました! というわけで、お待たせしました! 『女性のためのインド旅講座』開講です!...

無敵の美 “Padmaavat”(ネタバレなし個人の感想です)

【関連記事】 “Padmaavat”の基礎知識☆ロマンス小説家・吉咲志音 × Masala Press代表アンジャリ 教えて先生! Padmaavatを巡る論争について 【ネタバレ全開ご注意ください】『Padmaavat』を観てきました! 観てまいりました。日本で初日に鑑賞できるなんて夢みたいです。...

教えて先生! Padmaavatを巡る論争について

【関連記事】 “Padmaavat”の基礎知識☆ロマンス小説家・吉咲志音 × Masala Press代表アンジャリ 無敵の美 “Padmaavat”(ネタバレなし個人の感想です) 【ネタバレ全開ご注意ください】『Padmaavat』を観てきました! さて、マサラプレス運営チームは「インド映画が観ら...

“Padmaavat”の基礎知識☆ロマンス小説家・吉咲志音 × Masala Press代表アンジャリ

封切りが迫ってきた待望の歴史大作“Padmaavat”。日本でもインドの封切りと同時上映されます! なぜそんなことができるかという事情と上映場所・申し込み方法は前記事をご参照ください。 歴史大作”Padmaavat”日本上映1/25から 【関連記事】 教えて先生! Padma...

歴史大作”Padmaavat”日本上映1/25から

【関連記事】 “Padmaavat”の基礎知識☆ロマンス小説家・吉咲志音 × Masala Press代表アンジャリ 教えて先生! Padmaavatを巡る論争について 無敵の美 “Padmaavat”(ネタバレなし個人の感想です) 【ネタバレ全開ご注意ください】『Padmaavat』を観てきました...

【公開記念特集】バーフバリ生誕の地へ-5

さて、バーフバリ本編と同じくらい、いつ終わるのか果てしない撮影オープンセットの見学も、いよいよ終盤です。 “EXIT”の文字に従い外に出ますと。 わーーーーっ! マヒシュマティ王国軍がお出迎え! もちろんバーフバリが先頭なのですが、兵士ひとりひとりの顔が違うんですよ。本物の役...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。