インド首相、高額紙幣の即時廃止を発表

おはようございます、最近早寝のアンジャリです。今朝、目が覚めたらとんでもないニュースが飛び込んできました。個人的にはアメリカ大統領選そっちのけです。

インドのモディ首相が、昨夜インド時間20時にテレビ演説で「午前0時(4時間後!)をもって現行の500ルピー札、1,000ルピー札を廃止する」と発表しました。目的は、出回っているとされる偽高額紙幣の一掃と、資金洗浄組織や脱税などによる高額紙幣のタンス預金を無効化することだそうです。

日経の速報はこちら。
インド、高額2紙幣の使用禁止 不正マネー対策で

モディ首相のテレビ演説の模様はこちら。

インドルピーは昨日(2016/11/8)のレートで1.5円。500ルピー札は日本円でいえば800円足らずなのですが、インド現地の感覚からいうと、5,000円札や10,000円札のような高額紙幣になります。

皆さんも樋口一葉様や福沢諭吉様がお財布に1枚や2枚は入っていることでしょう(私は入っていないことも多いですが)。その札が、4時間後には紙くずになると一国の首相が言ったと。まったくもって、インド、思い切ったことをします。その影響ははるばる日本にも及び、私が朝一番にやったことがインド用の財布の中身のチェックとは。

インドルピーは原則として国外持ち出しが禁止されているので、インド以外の国では両替できません。もちろん日本の銀行でもできません。とはいえ、私は年に数回は渡航しますし、深夜にインドに着いたりすると一刻も早くホテルに移動したいので、毎回、空港とホテル間のタクシー代と1日分の食事代くらいはルピーを残しています。しかし前回は最終日にちょっと計算を間違えて多めにルピーを入手してしまいました。よって、現在私のインド用財布にはけっこうな額の500ルピー札が入っています。

インド時間の午前0時はとっくに過ぎていますので、このお札は紙くずになりました。がーん。

もちろん経過措置として銀行や郵便局で口座預け入れ後に新札に交換はしてくれますが、それも期限が今年末までだそうです。渡航の予定はありますが、年始のつもりでしたし、そもそも銀行口座など持たずにタンス預金をしている市井の人々はどうなるんでしょう……。

敬愛するジャーナリストの故・近藤紘一氏の著書で読んだ、タイ政府が偽コイン流通の打破のために即刻偽コインもろとも当該コインを廃止にしたという話を読んだのは、いつの時代の話だったか。中国の人民元でも同じことがあったそうです。現代のインドでもそれをやるとは。クレジットカードはまだまだ使える場所が限定されているし、そもそも通信不能や停電で使えないこともしばしば。都会で外国人がいくような場所はまだマシでしょうが、街中の商いはほとんど現金オンリーですから、しばらくはインド経済にも大々大混乱が生じることでしょう。

そんなわけで、私の周りのインド関係者の間では朝もはよからこの話題で持ちきりです。新札交換は明日からだそうで、しばらくは銀行や郵便局はカオスと化すでしょう。ATMは本日クローズだそうです。たまたま財布に高額紙幣しかないインド在住者はどうやって数日をしのぐべきか思案していますし、日本在住者は手持ちの高額ルピー札を紙くずにしないためにはどうすべきか思案中。昨日たまたまインドに着いてしまった旅行者などは両替したてのルピー札の処遇にきっとすごくすごく困っているでしょうねえ。

まあ、そこはインドですから。きっとなんとかなっちゃうんですよ。きっとね。そのうち親切な日本在住インド人の誰かが帰国前に私設両替商にでもなってくれたりするんじゃないかしら。ならないかしれませんが。

かくなるうえは、いずれアクシャイ・クマールアジャイ・デーヴガン主演で「エリートのインド高官が不正マネーと戦う物語」として映画化でもしていただければと、もう私の嘆きはそのへんに着陸するしかなさそうです。

男の中の男を演じさせたら天下一品の眼光鋭いふたり。

アクシャイ・クマール
アクシャイ・クマール
アジャイ・デーヴガン
アジャイ・デーヴガン

まったくの余談ですが、くだんのアクシャイ・クマール主演の映画”Special 26″(2013)。CBI(中央捜査局)の係官に扮した詐欺師の一団が、政治家や資産家の屋敷に「強制捜査だ!」と踏み込み、賄賂やら脱税やらで不正にためこまれたお札を天井裏やらタンス奥やら車のシートなどから発見し、根こそぎ押収していく。不正マネーなので被害届は出すに出せないが、警察も黙ってはおれず、物語は詐欺団と警察とのガチ勝負に。勝つのは一体……? というハラハラドキドキ札束ザクザクなお話でした。

予告編はこちら。オンライン配信のEros Nowに加入している方はみられますよ。面白いのでぜひご覧くださいね(もはやそんな心境です)。

きっと、現実にもそんなこんなで今回の高額紙幣廃止で大打撃を受けている悪党はたくさんいるはず。これもインドがよくなっていくための大ナタということで、とりあえず今日明日すぐに困るわけではない私は落ち着くことにしましょう。ぜえぜえ。

投稿者: アンジャリ(Anjali)

アンジャリ(Anjali)
Masala Press代表・印流楽しいこと案内人。神奈川県茅ヶ崎市生まれ。東京外国語大学インドネシア語科卒。学生だった1997年にバックパッカーとして単身インドを訪れ3ヶ月を各地で過ごす。以後、インドの舞踊と映画に心酔。ガイドブックなどのライターを経て旅行会社に就職、インド専門添乗員を務めるも、2001年からはインドとロンドンを拠点に放浪生活を送る。2006年に本帰国、外資系証券会社に再就職、10年間の会社員生活を経て、現在、インド映画の印流ブームを興すべく奮闘中。