【全訳】ランヴィール・シンのライブ配信39分

今年11月17日に封切り予定のボリウッド映画”Padmavati”Ram Leela(2013)Bajirao Mastani(2015)とヒットを飛ばしているサンジャイ・リーラー・バーンサーリー監督作品です。前作と同じランヴィール・シン&ディーピカー・パードゥコーネという最強のキャストにシャーヒド・カプールが加わる、14世紀ごろの史実に基づいた歴史物とのことで今から楽しみです。

さてそんな多忙なランヴィールですが、つい最近、観光大使を務めるスイスを旅してきたところ。昨夜(2017年3月8日)、移動中の車内からFacebookのライブ配信を行いました。世界中から黄色い声が飛び交う配信にアンジャリも入りましたよ。

「日本のファンにひと言!」とか「日本にもきて!」などがんばりましたが、なんせトータルコメント数4万件に迫る勢いで、おっそろしい速さで流れてしまい、ランヴィールには届かず。はー、悔しい!

悔しいので、ライブ配信の日本語訳をしてみました。どんなこと話していたか、気になる人は見てくださいね。39分の動画を2時間かけて訳しましたよ……。アンジャリ訳だから間違ってても突っ込まないでね! あと聞き取れなかったところは飛ばしてる♡

元動画はこちら(Facebook Pageより)。


All right, all right, 紳士淑女の皆さん、さあライブ配信だよ!

シャヌー(Shanoo Sharma / Yash Raj Filmのキャスティングディレクター)とマーク(Mark Bennington / 俳優・ポートレート写真家)がどこにいるかって? ちょっと彼らは気の毒な状況でいまここにはいないんだけどね、マークの本(The Life of the “Bollywood” Actor / Harper COllins 2016)、必ずみてくれよ、すごくいいから。

このチャットはもともとマークのこの本について話そうってことだったんだけど。すごくいい本だよ、僕が表紙だ、デビューして間もないころ、授賞式のライブパフォーマンスの前でめちゃくちゃ緊張しているときのもの。

↓これですね↓ (アンジャリ、Amazon USから買っちゃった……)

Living the Dream – The Life of the ‘Bollywood’ Actor / Mark Bennington著

その時の写真が表紙になったんだ。本、必ずチェックしてね、中の写真もすごくいいんだよ。

それはさておき、そろそろチャット開始しようか。スイスすっごい楽しかったよ。

えーとなんだ?

よぉ兄弟、あんた遅刻してるぜ

ははは、わかってる、さっきファンクラブのみんなの投稿をみていたら僕のことをいっていたでしょ。

「17時からチャット配信予定って、ぜったい時間通りには進まないよ、17時以降のどこかの時間でって感じじゃね?」って。

ごめんごめん、遅刻癖は最近はマシになっていて、だいたいの約束にはそんなに大遅刻はしていないんだよ。

さあどんなコメントがきてるかな、Hi ○○、Hi ○○ (コメント投稿者の名前を呼ぶ)

Happy Women’s Day!

あ、そうか忘れてたけど今日はウーマンデイか

でもさそういうの特別に日を決めるものなのかな、女性はいつだって尊重されるべきなんだからさ、毎日が愛をもって女性に接する日なんじゃないの。

エジプトより愛をこめて

わーお、エジプト!

そのサングラスめっちゃにあってるサイコー

ありがとう。

そのサングラスカレラの?(広告モデルを務めることになったオーストリアのスポーツ用アイウェアブランドCarrera)

そうそう、スイスではカレラが提供してくれた装備でスキーをしてさ、カレラのゴーグルつけたり。こういう仕事ができてほんとうに嬉しい。

スイスで一番よかったできごとは?

うーんなんだろう、アドベンチャースポーツかな? やったことがないスポーツをやってみるってすごいたのしいよね。そうそう、景色がすごくいいよ。現実じゃないみたいな景色があって。アドベンチャースポーツそのものよりも、そこでみられる景色にインスパイアされた。

スイスチーズはどう?

うんうん、スイスチーズ超うまい、父さんが好きだから小さいころから僕も超すき。チーズフォンデューも食べたよ、めっちゃ気に入ってる。

Hi ○○、Hi ○○ (コメント投稿者の名前を呼ぶ)

どこでそんなクールなファッションをゲットしてるの?

そうだねーー、はっはっはどこだろう たまたまじゃない?

あれ、だれかBand Baaja Baaraat(ランヴィールのデビュー作) のこといってるね。偶然だなあ、昨日の夜さ、Band Baaja Baaraat のことちょうど考えてた すごくいい映画だよね。

モルディブから愛をこめて

わあー、僕がどれだけモルディブすきか知ってる? 世界でもっともすきな場所のひとつ。

デリー住民から

デリーか、そうか、えーとぼくは完全にボンベイ(ムンバイ)ボーイなんだよね、ボンベイボーイでバングラボーイ。いまちょうどパンジャーブに向かってるところだ。

スイスチーズ、うんうん、すごく楽しんでる。新しい文化に触れるのはすごく刺激的だし、僕は食べることがだいすきだから、世界中どこにいっても一番気になるのは食べ物のこと。

この旅で一緒だった友人が食べ物にすごく詳しくて、体重が増えまくっていて、今朝トレーナーが超文句いってた! 旅に出る前までせっかくすごくいいワークアウトをしていたのに全部無駄になったって! 朝ちゃんとトレーニングしたし、今日もこのあと、トレーニングの予定があるよ、増えた体重元に戻さなきゃって。

あなたはどうしてそんなに活動的なの?

うーん、どうしてだろう。僕はいつも考えている、どうしたら活動的でいられるのかってことと、どうしたらいつもハッピーでいられるかってことと。いろんな人が同じことを聞くけど、僕にはよくわからない。

たぶん僕は家族や友だちやなんかにすごく恵まれていて、そういう人たちを楽しませることがすきで、だからなのかなという気がする。ま、なんでか分からないけど、ぼくはハッピーな人間ってことだよ、うん。

あなたのファッションセンス、サイコー

ありがとう。

スイスはすごくよさそうだね

うん、サイコーだった!

Hi ○○、Hi ○○ (コメント投稿者の名前を呼ぶ)

どうしてあなたはそんなに映画で「クレイジー」なの? なんで普通の人の役をやらないの?

うーん、どうだろう、クレイジーってなんだと思う? 普通の人がクレイジーになることだってあるじゃない? クレイジーと普通はつながってると思う。それに僕だって普通の人の役もやったよ、けっこうたくさんやったと思うけど。たとえばLooteraのVarunまたの名をAtmanand Nanduとか、Dil Dhadakne DoのKabir Mehraとか。

共演したとある俳優によると。ああ、こないだメッセージ送ってきてね、Dil Dhadakne Doを観たんだって。

それで、ちょっとイメージ違ったって! だってブラックコーヒー飲んだだけでテンションあがっちゃうような役やるなんて、だって。僕あの映画すきだよ。ああいう役も楽しかった。

Hi ○○、Hi ○○ (コメント投稿者の名前を呼ぶ)

大ファンです、ダンスも演技もエナジーも、どうかひとつだけリクエストを聞いて、
あなたはそんなに大スターなんだ、どうか僕らに授業をしてください

わっはっはっはー! そうだね、考えてみる。

スイスどうだった?

スイス最高、人生でもっとも楽しい旅になったよ!

コメント見られてる?

うん、スクロールしながら読んでるよ、しゃべりながら。

いやいや普通の人の役やらないで、クレイジーなままでいて! あなたはそれが似合う!

はっはっはー、そうだね、なにが普通でなにがクレイジーかなんてわかるの? それに僕はただ自分の直感を大事にしているだけ。これが普通とかこれがクレイジーとかは考えていない。

それに「こうだ」って決めるのはやめたほうがいいと思ってる。人を箱のなかにいれるのは。けっきょくのところ、人はひとりなんだし。限定してしまうのはいやだな。だって誰にでもいろいろな面があるでしょ。値札つけるみたいなのはしたくない。僕は表現者だから、表現すべきものを表現していく。そのためになにができるかは考える。

ちょっとしばし読ませて、字が小さいなー。

Padmavathiの仕上がりたのしみにしています

うんうん、Padmavathiすごくいい感じになってきたよ。

あなたの人柄がすごくすき

うん、ありがとう。

みんなランヴィールランヴィール呼んでるね

ははは、ほんとだね、みんな僕の名前を呼んでる。

人はみんなクレイジーなもの。誰だってどこかおかしいところがある。そうだよね?

わお、そうだね、そう思う。

パリからHello

Hey, パリは僕の大すきな街だ!

Bajirao MastaniのあとのPadmavatiはビックチャレンジだと思うけどがんばって

うんそうだね、Bajiraoのあとは、そりゃ周囲の期待も大きいし、大きな山を越えないといけない。プレッシャーはすごくあるし、ビッグチャレンジだと思ってる。

今回は、そうだな、汚れ役を演じないといけない。大学のときオセロ(シェイクスピア劇)のイアーゴー役をやったけど。

確かに今度のAlauddin Khiljiって役は、ダークで難しい役だし。特にBefikreみたいなライトな映画のあとではこういう重厚な役づくりは、ね。でもすごくハッピーだよ。

スイスでなんてファッショナブルなんだ!

ありがとう。

Padmavatiに超期待してる!

そうだね、バンサーリー監督はいつも壮大で映画的なスケールの作品を考えている。僕はとても好き。いろんな意味で好きなんだ、またすごいスペシャルコラボレーションになると思う。

愛国的な人物、たとえばスポーツ選手の役とかやりたいですか?

うーーーーん(あんまりやりたくないという風に)

俳優になる前の最初の仕事はなんですか?

えーとね、なんだっけ、ちゃんとやった最初の仕事は、確か大学のカフェのウェイターだったと思う。

なんだろう?? えーと、ハハハハハハ、すっごいたくさんのファッションアドバイスがくるな今日は!

なんでそんな服ばかり着るの?

さあ、なんでだろう、着たいものを着ているだけなんだけどなあ。みんな僕のファッションに大注目だね。

ニューテラ(チョコクリーム)ないと生きていけないでしょ?

ハハハハハ、ニューテラ大すきだね、今回の旅で生涯最高のクリームつきニューテラワッフル食べちゃった、ルワンシェスタ氏ありがとう。

ルパ、なんで君は僕を愛してるというのに僕を殺すというの?

好きな映画と好きなヒーロー教えて?

いやあ、たくさんありすぎて選べない。

ボリウッドに殴り込みをかける準備はいい?

Yaaaap! もちろんバッチコイ!!!

ランヴィール、ビルのロビーで僕が君のズボンおろしたの覚えてる?

Noooo, 覚えてないよアビシェーク……。ほかの誰かじゃないのかな……。

ランヴィールという新しいブランドの誕生に敬意を示す

うーん、僕はブランドとして確立したものというふうにはいわれたくないな、人間でいたい。ハッハッハ!

スイスでお気に入りの場所は?

いい質問だ、サンモリッツかなやっぱり。チューリッヒとかレザンとか、ゴージャスな場所ばかりだけど、今回の旅ではやっぱりサンモリッツが一番すき。

ランヴィール、モテ男になるためのふるまい方を教えてほしい 女の子の前でクールに見えるようなやつ

(しばし沈黙、サングラスを下ろしてカメラをみつめる)

OK、教えてあげよう、まずはフィットネスがんばるでしょ、髭剃り洗顔清潔第一。うーん、そうだねえ、あとは自分らしくあれということかな。あまり自分をかっこよく見せようとか思わないほうがいいのかもよ。女子は勘がいいから、つくりすぎるより正直で誠実な男がいいんじゃないかな。

ただ経験上、女の子を笑わせるのは大事、それはモテる。だからそういう努力はしてみたら? ユーモアセンスは大事。いきなり深刻じゃなく軽いノリでね。

でもなにかの「フリ」はダメだ、自分らしくあればいいと思う。

パキスタンより愛をこめて

(チュッと投げキッスして)ありがとう。

なんの映画を撮影していたの?

いや実はスイスに行ったのは映画の撮影じゃなくてスイス観光局のプロモーションの仕事だったんだよ。

Padmavatiでなにやるの?

それはどうか映画館で映画を見て! はっはっは!

えーとなんだ、1回でいいから私の名前を呼んで

みんな自分の名前を呼ばれたいの? わかった、じゃあ….…。最近は、レッドカーペットでもみんなセルフィー撮りたがるよね。携帯のカメラってどうなんだろうね。

へえー、Voice India Season 2(インドのオーディションバングム)に出るの、がんばってね!

マレーシアから愛をこめて

ありがとう。

わー、Kushal、中国からか、すごいな、ありがとう。

中国にはぜひ行ってみたい。中国語は難しそうだけど、習ってみたいんだよね 文字が独特で面白いよね。

どうしてスイスでそんな狭いところでクリケットするの?(Facebookのビデオ投稿のことか?)

君は僕のテクニックを知らないから!

あなたの大ファンの妻アーリヤのために妻の名前を叫んでくれないか from モハンマド

え、僕が君の奥さんのために名前を呼ぶの? こういうのはギャラもらわなきゃね。

ニイハオ、シェシェ、今度はみんな中国語を教えてくれてありがとう、ハッハッハ! 中国には親戚がいるんだよね。

Gunday(の歌を歌うの)を待ってるの? アルジュン(Gundayで共演したArjun Kapoor)最近忙しいんだよねロケでずっと海外だし。

あ、Wasim Akram(パキスタンのクリケット選手)って名前の人見つけた、へー、クールだね 彼は伝説だ。

(Woman’s dayについてなにかひと言というコメントに対して)

そうだねえ強い女性に囲まれて育ったからねえ 母といい、姉といい、ベビーシッターといい。僕の人生はいつも強い女性に囲まれている、いや彼女たちが僕の人生そのものというべきかな。仕事で支えてくれている女性たちもそう。

僕を支えてくれているそういう女性たちに感謝するよ。僕の人生をBeautifulにしてくれてありがとうございます。今日はウーマンデイってことで、そうだね、じゃ、僕は自分の周りにいる女性たちに感謝しよう。

なんかみんな僕にGunday(の歌を歌う?)をやってほしいみたいだな。今度Yash Raj Filmでまたやることがあったときにでも、かな。

なんでそんなに寛いでいられるの?

そうだな、僕はどちらかというと怠け者だし寛ぐのがすきだ。

Jack and Jones(ランヴィールがモデルを務めるインドの男性ファッションブランド)の広告のことを教えて

うーん、それはまたどこかで。

モーリシャスから? 素敵な島だよね。

シャールク・カーンとレオナルド・ディカプリオとどっちと共演したい?

そりゃどっちもでしょう、素晴らしい俳優だもの。

夢で会いましょう

わかった、じゃ、あとでね、夢で会おう。

デリーには次にいつくるの?

いつだろう、かなりよくいくよ。

落ち着いて、君のことは気づいてるから(気づいてー! と騒ぐ女性ファン数名をしばらくなだめるランヴィール)

俳優になろうと思ったきっかけは? 俳優になって変わったことは?

興味深い質問だ。

有名人になったことによって確かにいろいろなことが変わった。僕は映画ファミリーの出身じゃないし、一般人として育ったから。こういう世界で生きて行くには意識的な努力が必要なこともある。いつも自分自身でいること、地に足をつけていること、「普通の感覚」を保つためにね。やっぱりちょっと狂った世界だとは思ってるから。

ハッピーホーリー祭り!

そうだね、もうすぐだね、僕はホーリー祭りそんなにすきじゃないけど。

さあそろそろ目的に着いてしまう。

どれだけのシェアがあって、どれだけのコメントがついたかわかってる?

もちろんわかってるよ。

外国にいて、あなたのことを知らない人がいるのを楽しんでいる?

そうだね、確かにとても楽しんでいる。みんなの愛はすごく嬉しい、感謝してる。だけどどこへいってもカメラのレンズがあって、みんなが僕のことを知っていて、そんなセレブ生活をしてると、確かにとても楽しいけど、こうやって外国にいると息をするのがちょっと楽な気はする。

リアリティショーの仕事はしないの?

うーん、それはもっともやらない種類の仕事だね、誰かのジャッジをするのが僕の仕事だとは思っていない。

確かにムンバイの学校でコンテストの審査員をしたことがあるけど。歌とかダンスとか、誰が僕より上手かってことを、ジャッジする必要があるとは思わない。

さあそろそろ着くころだ、とっても楽しい時間だった。シャヌーが一緒だったらよかったんだけど ちょっとのっぴきならない用事でね。

なんでホーリー嫌いなの?

いやいや、ホーリーウッド(ハリウッド)嫌いだなんていってないよ、ハリウッド映画だってみるし。ハリウッドからオファーもなくはないし 英語の映画に出演するのもエキサイティングだよね。

Koffee with Karan(カラン・ジョハール監督がホストするテレビ番組に俳優ランビール・カプールと出演した)の話がすき

うん、あれはカランもすきだと思う 少なくとも僕はそう信じてる。

いや、チャット楽しいね また移動するとき車の中でやろう。

テニス選手ですきな人は?

あ、そうそう、バンサリー監督もテニスがだいすきだよ。僕は自分では卓球くらいしかやらないけど、スポーツはなんでもすき。

(誰々とか誰々とか、とテニス選手の名前をあげる)フェデラーとナダルの試合は最高に面白かった。

エマ・ストーンはどう?

よかった、「ラ・ラ・ランド」すごくよかったよね。

カリーナ・カプールと共演してほしい

そうだね、僕もしてみたいと思う。

今後のことか。僕のキャリアに変化があるのは確か。いろいろな役をやればやるほど興味が湧く。

そろそろ時間だ、そんな明るい話題でシメようか、マークの本みてね! すごくいい本だから!

SNSの投稿は全部見てるよ、みんな笑顔でいて。幸せにね。愛を込めて。じゃあね!


アンジャリ、ブログはじめました
人生に必要な知恵はすべてインドから学んだ -印流楽しいこと案内人、インドで食っていこうと奮闘なう-

投稿者: アンジャリ(Anjali)

アンジャリ(Anjali)

Masala Press代表・印流楽しいこと案内人。神奈川県茅ヶ崎市生まれ。東京外国語大学インドネシア語科卒。学生だった1997年にバックパッカーとして単身インドを訪れ3ヶ月を各地で過ごす。以後、インドの舞踊と映画に心酔。ガイドブックなどのライターを経て旅行会社に就職、インド専門添乗員を務めるも、2001年からはインドとロンドンを拠点に放浪生活を送る。2006年に本帰国、外資系証券会社に再就職、10年間の会社員生活を経て、現在、インド映画の印流ブームを興すべく奮闘中。