【新大久保の南アジア】イスラーム横丁2017 その4

ただいまひっそり別サイトを構築中です。よろしかったらそちらもどうぞ。

Girls’ India 女子よインドを旅しよう


女性目線で楽しめる新大久保の南アジアカルチャーを紹介したいと突如始まった不定期連載。第7弾は、イスラーム横丁の奥のほう、小さいながらもスパイスから22金アクセサリーまで揃ったフレンドリーなお店のご紹介です。


番外編「女子必見! 新大久保でサリーを買う
【新大久保の南アジア】ネパール編序章
【新大久保の南アジア】ネパール料理店 -アーガン(Aangan)-
【新大久保の南アジア】ネパール料理店 -ソルマリ(Solmari)-
【新大久保の南アジア】イスラーム横丁2017 その1
【新大久保の南アジア】イスラーム横丁2017 その2
【新大久保の南アジア】イスラーム横丁2017 その3
【新大久保の南アジア】イスラーム横丁2017 その4
【新大久保の南アジア】イスラーム横丁2017 その5


香辛料専門店 The Janet Halal Food

個人的に一番来ているのは、オーナーがバングラデシュ人のこのお店。なぜでしょう、ほかのお店はみなさんわりと固めの表情なのに対して、ここのお兄さんたちはいつも笑顔が多くて人あたりがいいからかもしれません。

店先がどんどん道路に侵食するきわめてアジア的なたたずまい

ある日の入口の携帯電話コーナーでのこと。お店のバングラデシュ人のお兄さんとどこか中東風なおじいさんのお客さんの会話がお互い流暢な日本語なのがなんだか不思議で、そういえばここは日本だから共通語としてアリなのか、と新鮮だったり。そしてそのふたりが携帯電話の表示が韓国語になってしまったからと「そこのあなた、これ直せますか?」ってハングルの画面を見せてきて。ごめん、直せない(笑)

香辛料専門店の看板を掲げるだけあり、小分けのスパイス類が豊富で、ちょっとだけほしいものなども気軽に買えて便利です。スパイスも鮮度が大事なので、カレー屋さんでもやらない限り、このくらいのサイズでちょこちょこ買い足すほうがフレッシュなものを使えます。

スパイスの小分け袋が使いやすい。1袋200円くらいから

豊富なおコメ類

そしてこちら、おコメの種類が豊富です。

種類豊富なコメ! タイのジャスミンライスから、バスマティライスの有名ブランドまで
イチオシのバスマティライス”Kaalar”。パッケージもすてき。ジッパーつきの布袋です

私はデリーのレッドフォート(赤い城)が目印のLal Qillaブランドのバスマティライスをよく買っていたのですが、今回あらためてお店のお兄さんにおすすめを聞いてみたところ「自分が食べて一番おいしいのはこれ」と、パキスタンのブランド米”Kaalar”がイチオシでした。5kgで税込1,850円。ネット通販であちこちみてみたら、そうとうお安いですね、この値段。

パラパラっと仕上がった卵チャーハン。バスマティライスの香りとヒーングのうまみがベストマッチ

バスマティライスは水分が抜けた古米がよいとされています。炊飯器でも炊けますが、バスマティライスのよさを堪能するには、パスタのように熱湯で7〜8分間ゆで、アルデンテぐらいでザルにあげて水を切り、鍋に戻してしばらく蒸らすとパラっとおいしく仕上がります。

茹でて蒸らしたKaalarのおコメが翌朝すこし残っていたので卵チャーハンにしてみました。

最初に油にヒーングを泳がせて香りを出し、マスタードシードも投入、マスタードシードがあたたまって弾けてきたら卵を投入、卵が半熟でおコメを投入、塩胡椒で仕上げ。おいしかった! 油をインドの精製バターのギーに変えるとまごうことなきインド味のチャーハンになります。

特にカレー的なスパイス料理でなくても、ヒーングとマスタードシードはこんなふうに使えます。消化にもよいのでぜひご活用くださいね。

アフリカ食材に格安ココナツオイル

アフリカ食材があるのもここの特徴です。クスクスはふつうにパスタ的に使えて、すぐ仕上がるので忙しいときとっても便利です。西アフリカの主食フフの粉や、ウガリをつくるためのキャッサバ粉もあります! すごい!(勝手に興奮)

北アフリカ料理に使うクスクス。やすい…
アフリカのそばがきやお餅のような主食フフの粉

ココナツオイル1リットルで1,000円。揚げ物に使いたいときにじゃんじゃん使えるので助かります!

スリランカ産ココナツオイル。香りが豊かなタイプ。揚げ菓子やバナナフリッターに最高!
タイの食材コーナー。ココナツミルク缶、お買い得です
冷凍食品も安定の品揃え。冷凍サモサ、けっこうおいしいです

22金アクセサリーに変換プラグ!

「え? 買うの?」てな顔されていますが、買いました、鼻ピアス(笑)

入口近くにはアクセサリーコーナーが。日本で22金のアクセサリーはあまり売っていないのですが、ここにちょっとだけあります。どこに需要があるのかと思っていたら、ありましたよ、ここに。はい、アンジャリ、鼻ピアス買っちゃいました(笑)。日本の鼻ピアスはあまりかわいいデザインがないので……。

品物はバングラデシュの首都ダッカの宝石店のものとのことです。

2017年3月現在、グローバルで金相場が上昇中ですが、ここの値段は2年ほど変わっていないのでお買い得だと思います。儲かったらまた買いにこよう……。

あまり需要はなさそうですが、ときどき覗くとちょっと売れていたりする22金アクセサリー

店の外のワゴンに無造作に変換プラグなどもおいています。入口には中古のiPadやiPhone、ギャラクシーなどのスマートフォンもありますよ。小さいのになんでもある心強いお店です。オンラインショップもあり。

電源変換プラグ。渡航寸前に「ない!」となったときに(そんな状況があればですが)

香辛料専門店 The Jannat Halal Food
営業時間:10:00〜24:00
住所:東京都新宿区 百人町2-9-1
電話:080-5191-0692
Website: The Janet Online Shopping Center


アンジャリ、ブログはじめました
人生に必要な知恵はすべてインドから学んだ -印流楽しいこと案内人、インドで食っていこうと奮闘なう-

投稿者: アンジャリ(Anjali)

アンジャリ(Anjali)
Masala Press代表・印流楽しいこと案内人。神奈川県茅ヶ崎市生まれ。東京外国語大学インドネシア語科卒。学生だった1997年にバックパッカーとして単身インドを訪れ3ヶ月を各地で過ごす。以後、インドの舞踊と映画に心酔。ガイドブックなどのライターを経て旅行会社に就職、インド専門添乗員を務めるも、2001年からはインドとロンドンを拠点に放浪生活を送る。2006年に本帰国、外資系証券会社に再就職、10年間の会社員生活を経て、現在、インド映画の印流ブームを興すべく奮闘中。