爺様萌え ”チャーリー -Charlie-” グッときたポイント②

ネタバレなし。映画”チャーリー -Charlie-“の魅力

揺れるテッサ ”チャーリー -Charlie-” グッときたポイント①
爺様萌え ”チャーリー -Charlie-” グッときたポイント②
恥ずかしい妄想 ”チャーリー -Charlie-” グッときたポイント③
風光明媚なロケ地 ”チャーリー -Charlie-” グッときたポイント④
美しいひと  ”チャーリー -Charlie-” グッときたポイント⑤
それは夜明けか黄昏か ”チャーリー -Charlie-” グッときたポイント⑥


爺さんがプリティーとはいかに

昨年の上映時、お客様の感想にいくつか見られたもの。

それは……。

「じじ萌え」なる単語。

“チャーリー -Charlie-“の後半、大量にじい様たちが出てくる設定があります。
景色のいい山あいの村に、身寄りのないじい様たちのホームがあるのです。

このじい様たちがプリティーだとか、萌えるだとか、そのような感想をいただきまして、私アンジャリ、新しい世界を見せていただいたような思いが致しました。

ホームをしばしば訪れている風来坊の主人公チャーリーは、じい様たちやスタッフにとっても慕われている模様。

そんなシーンが歌の場面にも描かれています。本日の画像は「笑いヨーガ」の一瞬なのか、「ワッハッハー!」と笑うチャーリーとじい様たちのショット。

確かに、この表情豊かなじい様たち、プリティーです。

じじ萌え。あなたも新しい世界を覗きに、ぜひ”チャーリー -Charlie-“をご鑑賞ください!


“チャーリー -Charlie-“公式サイトはこちら
2017年5月27日(土)〜6月2日(金)まで、東京・ユジク阿佐ヶ谷さんにて上映します!

ツイッターにて #インド映画チャーリー応援部 のハッシュタグ祭り開催中♪
(ルールはございません。本作を応援したいというそこのお方、どうぞ気まぐれに発信してくださいませ)

さっくりどんな映画か知りたい人はこちらをチェック!
“チャーリー -Charlie-“Naverまとめ


アンジャリ、ブログはじめました
人生に必要な知恵はすべてインドから学んだ -印流楽しいこと案内人、インドで食っていこうと奮闘なう-

投稿者: アンジャリ(Anjali)

アンジャリ(Anjali)
Masala Press代表・印流楽しいこと案内人。神奈川県茅ヶ崎市生まれ。東京外国語大学インドネシア語科卒。学生だった1997年にバックパッカーとして単身インドを訪れ3ヶ月を各地で過ごす。以後、インドの舞踊と映画に心酔。ガイドブックなどのライターを経て旅行会社に就職、インド専門添乗員を務めるも、2001年からはインドとロンドンを拠点に放浪生活を送る。2006年に本帰国、外資系証券会社に再就職、10年間の会社員生活を経て、現在、インド映画の印流ブームを興すべく奮闘中。