【書き起こし】TBSラジオ「アフター6ジャンクション」ラージャマウリ監督インタビュー

※表紙画像はBaahubaliインドの公式Facebookページから拝借しました。

素晴らしいインタビューをありがとうございます(涙)。ラージャマウリ監督の言葉を直接聞きたいという方がいらっしゃるかと思い、監督のオリジナルの言葉の部分をメインに書き起こししてみました。尊いですね……(涙涙)。

※訳は筆者の適当訳ですのでご了承ください※

2018年4月27日(金)
TBSラジオ「アフター6ジャンクション」

サイトはこちら

追記:Youtubeに音声が上がっていたので埋め込んでおきます! 早い! 素晴らしい!

(映画バーフバリについての簡単な解説。タイトルソングが流れて思わず叫んでしまう宇多丸さん)

以下、
宇多丸さん(宇)
ラージャマウリ監督(R)


(宇)バーフバリ、素晴らしい作品をありがとうございました、ダンニャバード! これ合ってます?

(R)Yes you do it perfectly, you said it perfectly.
もちろん、完璧ですよ、完璧に言えていますよ。

(宇)ありがとうございます、本当に素晴らしい作品だと思います。
バーフバリが日本で熱狂的に支持されているという話を率直にどう思いましたか?

(R)For me everything that, every news that was coming from Japan was not real…, because initially we thought it was ok, the film was doing well on the first week, on the second week, on the third week, on the fourth week, on the fifth week, and 100 days…, we just couldn’t believe our ears, and then we were seeing the videos, and the fan arts, and it was just incredible, just couldn’t believe, because we are culturalily so different, the language is different but still, the kind of, the love and affection that people showing towards the film is just, unbelievable.
日本からのニュースを聞くにつれ……、最初の週はまあまあと思ったし、2週目、3週目、4週目、5週目と来て、100日のロングランになり、ちょっと耳を疑いました。そして動画を見たり、ファンアートを見たりしてとても信じられない思いでした。これほど文化の違いがあり、言葉の違いがあってなお、こんなふうにたっぷりの愛情を映画に注いでもらえるとは、本当に信じられなかった!

(宇)実際に日本に来られて、日本の観客の様子を見て、いかがでしたか?

(R)Yesterday we went to the screening when we saw people coming dressed up in the costumes, then we saw they were coming with flags, and they were coming with placards written in Telugu my language, seeing all the love and affection, not just me but my producer, my family, all of them were there, we had tears in our eyes. I can just…, you are showing so much love and affection, and all I can say is the one word, “Thank you”.

昨日、絶叫上映に行ったのですが、皆さんコスプレをしていたり、マヒーシュマティの旗を手にしていたり、私の言葉であるテルグ語! のプラカードを掲げていたり、そんな愛情と熱意を見るにつけ、私だけではなく、プロデューサーや家族もみな、涙がこみ上げてきました。ただもう言えることは”Than You”のひとことに尽きます。

(宇)インド本国のみならず他の国でも大ヒットしたということですが、他の国と日本の観客との熱狂の違いはあるのでしょうか?

(R)As you say it is very popular in India, it did very well in the US, Middle East, the UK, Australia, Singapore, Malaysia…, but all of those places, it did well because there were large Indian population there. This is the first time, it is successful not for the Indian population but for the local population, local Japanese population, that is, we take a lot of pride, in that we are able to appeal to an audience, who are so so far, so far, in terms of cultures and everything so far from us.

最初に触れていただいた通り、この作品はインドで大ヒットしましたし、アメリカ、中東、イギリス、オーストラリア、シンガポール、マレーシアなどでもヒットしました。でもこれらの国はインド系の住民が多い地域なんですよ。インド系の観客に向けてではなく、地元の日本人の観客にここまで受け入れられるというのは初めてのことでした。このように文化的にも、その他あらゆることに「遠い」と感じている観客に訴えたというのは私たちにとって、とてもとても誇らしいことです。

(宇)女性のファンもひじょうに多くて、バーフバリの中の女性のキャラクターの強さが影響していると思います。とくに国家や家族制度の抑圧などに対して、個人の尊厳を貫いて戦ったデーヴァセーナーに、日本の女性も感情移入できたがゆえに熱狂したかと思います。そういった作中の女性キャラクターの描き方について留意した面はありますか?

(R)When I start writing my stories, the only thing that I look is, for drama. For me the strong, the better drama comes from strong characters, whether it’s male or female. So we have a very strong character, a male character Baahubali, who is just enlightening all aspects. And if there is a woman that he loves, she has to be even more stronger than him, that is what I believe. “Stronger” in the sense not just physically, it is not about physicality but it is about emotionally.

物語を書き始めるとき、私が唯一気にするのは、ドラマ性です。私にとって、よりよい物語というのは、男性女性問わず「強い」登場人物が織りなすもの。よってバーフバリという、すべての面で長けたとても「強い」登場人物を設定しました。そしてそのような人物が愛を注ぐ女性がいたとしたら、その女性は彼を上回る「強さ」を持ち合わせていなければなりません、それが私の考えにあります。「強い」というのは単に身体的にということではなく、精神的な強さを意味します。

In one of the scene in the film, when Amarendra Baahubali asks Devasena to come as a prisoner with him because his mother asks, there is a beautiful line, the zest of the scene is that Devasena says, “You have won my heart, I’ll do anything for you, I would die for you, but I will not live for you”. So she is so much into her individuality. The hero of my film vows his head to her, saying that “You’re greater than me”. So that for me I didn’t put it because “Ok let’s do something that appeals to the female fans”. So it’s not like that, for me, it is a very dramatic moment, and we get those dramatic moment when we have strong individual characters.

作品の中のあるシーンで、アマレンドラ・バーフバリが母君の命によりデーヴァセーナーを捕虜として連れ帰ろうというシーンがあります。そのときのやりとりが美しい。このシーンの肝は、デーヴァセーナーの「あなたは私の心を勝ち取った、私はあなたのためになんでもしましょう、あなたのために死ぬこともいとわない、けれど、あなたのため生きるということはしません」という言葉です。とても主体性のある人物ということがわかります。われらの作品のヒーローは彼女にひれ伏し「あなたは私よりも偉大なのです」と返します。ここは、よし、女性ファンのためにこういうシーンを入れようとして入れたわけではなく、私にとっては、とてもドラマティックな描写なのです。強い登場人物を想定することによって、そのようなドラマティックな描写が可能になるわけです。

〜CM入りました〜

(宇)バーフバリのみならず、監督の過去の作品(「マッキー」「あなたがいてこそ」)を拝見していると、アクションとストーリーやテーマ、空間設定が全部一致していて、それが映画的カタルシスを与えている点が素晴らしいと思うが、こういうシーンごとのアイデアはどのように思いつくのか?

(R)I have a big attention for actions, I just love action films. From childhood I was very very interested in action sequences. Let it be indulgent action sequence like Bruce Lee films or big war based films like “Ben-Hur”, “Brave Heart” all those kind of films, they interest me a lot, excite me a lot. But when I make films even though I get inspired by them, I try to bring in a little bit more into that. I’d like to tell a lot of, it can be lot of emotions in art form. For example if you take the arrow sequence, where Baahubali teaches Devasena, yeah, in that it is so complicated, I put it so many layers that…,

アクションは大好きです、アクション映画は本当に大好きですよ。子どものころからアクションシーンに大きな興味がありました。たとえばブルース・リーの映画や、「ベン・ハー」とか「ブレイブ・ハート」といった戦争映画は本当に面白かったし、のめり込みました。ただ影響を受けている一方で、自分が映画を撮る場合は、アクション以上のものを入れ込むようにしています。私が伝えたいのは、より芸術性の高い感情表現についてです。たとえば例のバーフバリがデーヴァセーナーに教える弓矢のシーン。そう、あれです(笑)、あれはかなり込み入っていますよ、ひとつのシーンにたくさんのレイヤーを入れ込みました。

Devasena is first fighting with enemies that is attacking her kingdom, then at the same time she’s seeing an idiot, who she thought an idiot, is suddenly fighting with three arrows, and then she’s falling (in love) with him, and in between this love story she has to kill people, so it is so many layers up together and all that comes in a dance form, it has to look like a dance form. So I like to make my life complicated and make my technicians life complicated, but so the audience (see) a beautiful visual scenery.

デーヴァセーナーはまず王国を襲ってくる敵と戦いますし、同時に、ずっと軽んじていた者が突如として三本の矢で戦っていて、おまけにその者と恋にも落ちます。このラブ・ストーリーのあいだにも彼女は敵を倒さねばなりません。こんなふうにたくさんのレイヤーを同時に、まるで舞踊のように見えるように表現しました。私は面倒な生き方が好きなんですよ(笑)、それはまあスタッフにも面倒なことを強いていることにもなりますが……、結果としてそれが視覚的に美しいシーンにつながるわけです。

(宇)まさに今おっしゃったシーンが、人に説明するときに使う重層的なシーンです。ほかにも場面ごとのアクションシーン、例えば雪山の格闘シーンなど、同じようなシーンがひとつもないのは、場面ごとにあらたな工夫をこらそうと考えていらっしゃるからですね。

(R)Yes, because for me the audiences nowadays are having so much option of entertainment. Unless you provide them something greater, something so much in 360 degrees in all aspects, it is very difficult to grab their attention. So you need to provide them with the much more complex, complete entertainment.

そうですね、最近の観客にはさまざまな娯楽の幅がありますから。より先をいくもの、全方向型のなにかを提供しないと、観客の心を掴むのは難しいものです。だからより複雑な、完ぺきな娯楽を提供する必要があります。

(宇)バーフバリでおもしろい! と思うのは、場面と場面が響き合って構成が巧みであるという点だと思うのだが、このような構成についてはものすごく考えて作られたのでしょうか。

(R)I think all that came from the fact that we did a lot of work on designing each and every character. For example if you take Baahubali’s character, you see him, in the film you see him for about when he was maybe about 24 or 25 years old, that’s it. But when we have written about him, we have written him from his time of birth. To what he as a child, what were his likes, what were his dislikes, what kind of curries did he eat, what kind of, what is his philosophy, does he believe in God or not, what were his favourite subject, like that.

登場人物についてはひとりひとり、膨大な時間をかけて設定しました。たとえばバーフバリの人物像についてなら、作品内では24、25歳あたりの想定で登場してそれがすべてですが、人物を設定する際には、生まれた瞬間からの設定を描きました。どんな子どもだったのか、なにを好み、なにを嫌い、どんなカレーを食べたのか(!)、どのような哲学的見地を持っているのか、神を信じるか否か、どんな話題を好んだのか、そういったことです。

We did a lot of research, we answered about 500 questions about each and every character, and designed so completely so we had not just a 2D character but we had a 3D character in front of our eyes. So defining this character, so many scenes were created, and each one had, each scene had something of the back story, and something had as a continuation. In that we were able to bring out the complex scenarios that you mentioned.

そういった詳細に至る掘り下げをし、どの登場人物についてもおおよそ500くらいの質問をしました。そうすることにより、たんに平面的な人物設定ではなく、より多面的にリアルに人間らしい人物というのを創造しました。なので、この人物を描くにあたり、さまざまなシーンが想定されましたし、そういったひとつひとつの背景にあるエピソードが物語全体を通じて統一感であるとか伏線といったものにつながりました。複雑なシナリオはそうやって生み出されたんです。

(宇)カッタッパがシブドゥの足を頭上に掲げるというのはインドの伝統的な敬意の示し方なのか、それとも監督の創作なのでしょうか。

(R)Ah, I can see that you are very interested in Kattappa, and I also heard people called you ”Uttappa”.

あ、カッタッパは大人気ですね! みんながあなたのことを「ウッタッパ」と呼んでいましたね。

〜笑い巻き起こる〜

It is not tradition that we usually see, keeping the foot on his head, but if you look at, in terms of Kattappa’s point of view, he’s a low born, he’s a slave, even though he is a warrior he is a slave so no one treats him equally. But when Devasena comes in her baby shower scene, she tells Kattappa, “when my child is born, will you be his God father?” but the actual thing is “Will you be his grandfather? Will you be the grandfather to my child?” in this she’s saying “Will you be my father?”. So that’s the status no one has ever given him. So he becomes so emotional and says “It’s not that I’ll carry your child but I’ll carry him on my head”. So it is a symbolic way of saying that “I’ll take care of him for the rest of my life”. 

足を頭上に掲げるというのは通常のインドで見られる伝統的なしぐさではありません。ただ、カッタッパという立場を考えたとき、彼はひじょうに身分の低い奴隷として生を受けまして、戦士ではあるけれども奴隷という身分で、誰も彼のことを対等の相手としては扱いません。けれどデーヴァセーナーが自身の出産前祝いのとき、カッタッパに「子どもが生まれたら、名付け親になってほしい」と言います。これは実は「子どもの祖父になってほしい」つまり「私の父親になってほしい」という意味なわけです。カッタッパはそれまでそういった扱いをされたことがありませんでしたから、ひじょうに心動かされ「子を腕に抱くことはできないが、頭上に掲げてみせましょう」と返します。これは「その方に生涯この身を捧げお仕えいたしましょう」ということを伝える象徴的な言いかたになります。

But the unfortunate turn of events, he has to kill Baahubali, so it is so emotional for him, when the small child, when Shivdu was declared as the king of Mahishmati, he becomes so emotional and keeps that small baby’s foot on his head saying that “Now I am yours for life”. And he thought he was dead, he thought the baby is dead. And after 25 years then baby comes back to life he’s so overcome with emotion that he goes down on his knees and accepts his foot, and places it on his head. It’s a very very dramatic moment, I myself love those dramatic moments.

しかしその後の不幸な出来事により、カッタッパはバーフバリ(父)を殺害せざるを得なくなっていきます。だから、その落とし子である小さき赤子が次のマヒーシュマティ王であると宣言された際に、(父の生を継ぐものとして)その小さな赤子の足を頭上に掲げ「いまこそこの身を捧げましょう」というのです。ところがその赤子は死んでしまったとカッタッパは思っていました。25年の歳月が過ぎ、そのときの赤子が生きているとわかり、カッタッパはひれ伏し、またその足を同じように頭上に掲げました。ひじょうにドラマティックな展開ですね。私自身もこのシーンがとても好きです。

(宇)観ていない方には若干ネタバレなのですが、監督に直接聞いてみたいことが。エンディングの戴冠式で悪役のビッジャラデーヴァがしれっといるのはなぜでしょう?

(R)Because I want to punish him to the maximum. For Bijjaladeva, everything is about his son. And with his own eyes he saw his son burnt. For him that was a lesser punishment than that. So he’d already endured the punishment of seeing his son died, burning in flames. So after that, killing him seems lesser. So I wanted to give him the maximum punishment. That’s why he lives. From then onwards, every moment he lives, is more torture for him.

それはビッジャラデーヴァに最大の罰を与えたかったからです。ビッジャラデーヴァにとっては息子がすべてです。その目で息子が焼かれる場面を目撃しました。だから彼にとってはそれ以上の罰はありません。息子が炎に焼かれるさまを耐えた彼にとっては、ただ処刑されるというのはそれほどの罰にはならないのです。私は彼には最大の罰を与えたかった、ゆえに彼を生かしました。以後、生きていくあらゆる局面で、生きること自体が彼にとって苦痛であるから。

(宇)マハーバーラタのオマージュ展開があるというのを聞いたことがありますが、そのあたりは?

(R)It is not a story underlined, Mahabharata is a huge ocean where anything anywhere from the world you can find Mahabharata. Baahubali is like I took a small tumbler of water from Mahabharata.

ずばり元になっているというわけではありません。マハーバーラタは広大な海のような物語。世界中いつでも、どこでも、マハーバーラタの要素を見ることができます。たとえていうなら、バーフバリはそのマハーバラーラタの広大な海から水筒ほどの水をすくいとったものです。

(宇)そろそろまとめに入らねばなりません。

(R)But he has to sing a rap for me before he wraps up.

でもまとめ(Wrap up)に入るまでに、ラップ(Rap)を聞かせてくれないと。

〜宇多丸さんのラップ〜
〜監督、ウッタッパに大喜び〜

(宇)6月1日から「バーフバリ 王の凱旋」の完全版が公開されますが、これまでの短い国際版との違いを教えてください。

(R)The international version is like a roller coaster, it takes you to all the actions very very fast and it’s a breathtaking experience, but the longer version is like you can feel each and every emotion for a longer time, if you’re crying you cry for the longer time, if you’re laughing you laugh for the longer time.

国際版はジェットコースター的な展開をして、すべてが早い展開で進んで息もつかせない。対する長いほうのオリジナル版は感情の動きひとつひとつにじっくりと想いを馳せることができます。泣けるシーンではより長く泣けますし、笑えるシーンではより長く笑えます。

(宇)カッタッパがビッジャラデーヴァと因縁の決着があるシーンなどがオリジナルでグッときたシーンです。

(R)Yeah, thank you very much. That’s one of my favourite scene, too.

ははは、ありがとうございます。私もあのシーン、好きですよ。

〜宇多丸さんから、チネチッタ川崎の舞台挨拶がある件、6月1日からの完全版上映の件など告知〜

(宇)ボリウッドと南インドのテルグ語映画の違いなどお聞きしたかった!

(R)There is not much difference, it is just a small cultural differences, and small language differences, for me I think all the films are the same, I don’t find much differences.

それほどの違いはありません、ちょっとした文化的な違いや言語の違いはありますが、私にとっては、すべての映画は同じ、そんなに違うことはないと思っています。

(宇)ありがとうございました、「王を讃えよ!」

(R)Thank you very much, Namaskar, Kombanwa!

ありがとう、ナマスカール、コンバンハ!

アンジャリ(Anjali)

アンジャリ(Anjali)

Masala Press代表・印流楽しいこと案内人。神奈川県茅ヶ崎市生まれ。東京外国語大学インドネシア語科卒。学生だった1997年にバックパッカーとして単身インドを訪れ3ヶ月を各地で過ごす。以後、インドの舞踊と映画に心酔。ガイドブックなどのライターを経て旅行会社に就職、インド専門添乗員を務めるも、2001年からはインドとロンドンを拠点に放浪生活を送る。2006年に本帰国、外資系証券会社に再就職、10年間の会社員生活を経て、現在、インド映画の印流ブームを興すべく奮闘中。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。