映画を通じてできること What we can do though films

English follows

パリで起きたテロに対し深い悲しみと憤りを感じます。

天災は諦める以外にありませんが、人がもたらす災いは人が原因であり人が解決するしかありません。

しかしそれはただ力でねじ伏せ憎しみを連鎖させていくだけでは決して成し得ないことだと思います。

なぜそのようなことが起きたのか、その根本を知り、他者への想像力を育てていかなくてはなりません。

私が心から素晴らしいと思った最近のインド映画に、こんな台詞がありました。

「みな平和を望んでいる。愛をもって子どもたちを育てたいのだ。憎しみではなく、愛情をもって。この憎しみを終わらせましょう」

争い続けてきたふたつの国を再び結びつけたいという、シンプルですがこれ以上なく強いメッセージを伝える台詞でした。

文化や芸能ができることは、それらの伝える喜びや感動を通じて、異なる世界に生きる者同士がそれぞれの違いや共通点を知り、お互いを認め合い、この狭い地球にともに生きていく、迂遠な、しかし確実な手助けをすることです。

Masala Pressはまさにそのような意図をもって生まれました。

世界は複雑で、個人の力ができることはあまりに限られています。けれどだからといってただ黙っているわけにはいきません。

誰もが自らに誇りをもち、尊厳を傷つけられることなく、次の世代へ愛情を伝えていける世界を望みます。

アンジャリ

I am in deep sorrow and fury against the terrorist attack in Paris.

Natural disaster is the act of God that we have to endure while human disaster is caused by human and needs to be solved by human.

Yet it will never be bought by force that causes another mal-spiral of hatred.

We should all know why it happened and comprehend the background. Even it never affects us directly, we should all grow the soil of imagination towards others who may firstly appear “different”.

There was a script in a recent film I was so moved(you may know what I refer to)

“Please end this hatred. We have to do this, we, millions of parents in both nations want to raise our children in love, not in hatred. Let us all end this hatred together”

It was a very simple but strong message that conveyed people’s wish over the decades to reconcile two countries that have been warring.

Although it’s too slow and not having an immediate effect, entertainment, arts and culture, through their fun and tears, can help people who differ each others, trying to find each other’s differences as well as affinities so to live together on this earth which has very limited resources.

Masala Press was established by aiming the exact point of this.

The world is too complicate and the individual is too small, but it does not make us just shut up and sit back to watch.

I hope we all can reach the world that everyone can be proud of themselves, and there is no harm to one’s dignity, but to simply hand down “love” to the next generations.

Nafrat se nahin, pyaar se.

Anjali

投稿者: アンジャリ(Anjali)

アンジャリ(Anjali)

Masala Press代表・印流楽しいこと案内人。神奈川県茅ヶ崎市生まれ。東京外国語大学インドネシア語科卒。学生だった1997年にバックパッカーとして単身インドを訪れ3ヶ月を各地で過ごす。以後、インドの舞踊と映画に心酔。ガイドブックなどのライターを経て旅行会社に就職、インド専門添乗員を務めるも、2001年からはインドとロンドンを拠点に放浪生活を送る。2006年に本帰国、外資系証券会社に再就職、10年間の会社員生活を経て、現在、インド映画の印流ブームを興すべく奮闘中。