カテゴリー: マサラなニュース

緊急企画「行っちゃえ! #はじめての王国ツアー」説明会5/12(土)21時より生配信

行きたいな。じゃあ、行っちゃう? インド経由で行くはじめての王国ツアー。 緊急企画、やるよーっ! 有志で行く「#はじめての王国ツアー」 年末に王国を訪問してきたMasala Press代表アンジャリ、日本の民の皆さんを全員連れてまた行きたい! 照りつける太陽のもと、そんなことを思い、記事にも書きまし...

【書き起こし】TBSラジオ「アフター6ジャンクション」ラージャマウリ監督インタビュー

※表紙画像はBaahubaliインドの公式Facebookページから拝借しました。 素晴らしいインタビューをありがとうございます(涙)。ラージャマウリ監督の言葉を直接聞きたいという方がいらっしゃるかと思い、監督のオリジナルの言葉の部分をメインに書き起こししてみました。尊いですね……(涙涙)。 ※訳は...

Netflixオリジナルインド映画『平方メートルの恋』がおもしろかった!

なんとも不思議な現象が起きました。 れっきとしたインド映画『平方メートルの恋』(Love per Square Foot)(リンク先に日本語字幕つき予告編あり)が、本国インドの劇場公開よりも先に日本のNetflixで公開されたのです。 日本のNetflixでの公開日はバレンタイン・デーの2月14日。...

【ネタバレ全開ご注意ください】『Padmaavat』を観てきました!

メイン画像はWikipediaより、18世紀に描かれたパドミニ妃 【関連記事】 歴史大作”Padmaavat”日本上映1/25から ※1月30日現在すべての上映が終了しています。最新情報は主催者Spaceboxさんのサイトで確認してください。 “Padmaavat”の基礎知識☆ロマンス小説家・吉咲志...

無敵の美 “Padmaavat”(ネタバレなし個人の感想です)

【関連記事】 “Padmaavat”の基礎知識☆ロマンス小説家・吉咲志音 × Masala Press代表アンジャリ 教えて先生! Padmaavatを巡る論争について 【ネタバレ全開ご注意ください】『Padmaavat』を観てきました! 観てまいりました。日本で初日に鑑賞できるなんて夢みたいです。...

教えて先生! Padmaavatを巡る論争について

【関連記事】 “Padmaavat”の基礎知識☆ロマンス小説家・吉咲志音 × Masala Press代表アンジャリ 無敵の美 “Padmaavat”(ネタバレなし個人の感想です) 【ネタバレ全開ご注意ください】『Padmaavat』を観てきました! さて、マサラプレス運営チームは「インド映画が観ら...

“Padmaavat”の基礎知識☆ロマンス小説家・吉咲志音 × Masala Press代表アンジャリ

封切りが迫ってきた待望の歴史大作“Padmaavat”。日本でもインドの封切りと同時上映されます! なぜそんなことができるかという事情と上映場所・申し込み方法は前記事をご参照ください。 歴史大作”Padmaavat”日本上映1/25から 【関連記事】 教えて先生! Padma...

歴史大作”Padmaavat”日本上映1/25から

【関連記事】 “Padmaavat”の基礎知識☆ロマンス小説家・吉咲志音 × Masala Press代表アンジャリ 教えて先生! Padmaavatを巡る論争について 無敵の美 “Padmaavat”(ネタバレなし個人の感想です) 【ネタバレ全開ご注意ください】『Padmaavat』を観てきました...

【公開記念特集】バーフバリ生誕の地へ-5

さて、バーフバリ本編と同じくらい、いつ終わるのか果てしない撮影オープンセットの見学も、いよいよ終盤です。 “EXIT”の文字に従い外に出ますと。 わーーーーっ! マヒシュマティ王国軍がお出迎え! もちろんバーフバリが先頭なのですが、兵士ひとりひとりの顔が違うんですよ。本物の役...

【公開記念特集】バーフバリ生誕の地へ-4

さて、まだまだバーフバリの撮影オープンセット見学ツアーは続きます。 コンパクトにまとまっているようで、歩き回るとわりと距離があるオープンセット。 時折目に入るブルーシートもなんのその、見学後半は、もはや映画のセットではなく、マヒシュマティ王国の遺跡を見学しているような気にすらなりました。 入り口近く...

【公開記念特集】バーフバリ生誕の地へ-3

遠くインドの南で、”バーフバリ 王の凱旋”日本公開の反響をツイッターなどで追って、もう一日中、笑顔が止まらないマサラプレス取材班です。 この映画の素晴らしさを分かち合える嬉しさよ。日本より3時間半遅く、インドも無事、新年を迎えました。 すべてのバーフバリファンにとって、良き年...

【公開記念特集】バーフバリ生誕の地へ-2

ラモジ・フィルム・シティがあるハイデラバードは南東インド、ハイデラバードから約70キロ離れた場所にあります。 この季節、日中は30度くらいまで気温が上がりますが、カラッと乾燥していて日陰は快適ですし、朝晩はちょっと肌寒いくらいまで気温が下がり、とても過ごしやすいです。 バーフバリ撮影セットへ 広大な...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。